絵手紙 交流ひろば てがみ倶楽部
あなたも絵手紙をアップしてみましょう。【無料会員登録はこちら】【サイトの使い方はこちら
極楽浄土に咲く花・・・蓮華

極楽浄土に咲く花・・・蓮華

投稿日:2021年7月18日

閲覧数:114

お気に入り登録するにはログインしてください

今回は、仏説阿弥陀経より「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」・・・
しょうしきしょうこう おうしきおうこう しゃくしきしゃっこう びゃくしきびゃっこう と、
読みます。この行を意訳して見ました。

界のどこを探ししても
その中にいる自分は一人です。

そして、自分なりの生活が有ります。
しかし、人間は寂しさに執着しそして、煩悩で迷います。

自分は自分ですから
相手に頼ったりしても自分の思うようにはなりませんね。

思うようにならなければ
必ず争いごとになります。
相手の意見は、あくまでも参考程度にしましょう。

自分は自分、極楽浄土に咲く蓮華のはなのように
心清く美しい光をはなとうではありませんか、

決して目に見え迷うような、金銭、名誉、地位な望
欲望では有りませんよ!

暮らしぶりは小さいかも知れませんが
心に咲く蓮華の花は、浄土に咲く蓮華の車輪のように大きなもで
豊かな心で他人への思いやりという光です。

それは、自分ではわからないうちに光を放っていることに
気が付くでしょう。

今回の下りの文に
「あなたは、あなたのままでいい美しく自分を咲かせてください」
と書きました。

コロナ禍ですが、
暑い夏がそこまでに来ています。

皆様、健康に気を付けて御自愛ください。

コメント(1件)

ゆうちゃん

阿弥陀経に、のぼるさんの優しくも易しいお言葉で、お経の内容がよくわかりました。 人はいつも、こうしなければならないという焦りの中で生きているのかもしれません。いつもありがとうございます。合掌(-人-)

2021-07-19 17:05:32

コメントをどうぞ

ページトップ