絵手紙 交流ひろば てがみ倶楽部
あなたも絵手紙をアップしてみましょう。【無料会員登録はこちら】【サイトの使い方はこちら
笑顔が幸せをつれてくる

笑顔が幸せをつれてくる

投稿日:2023年7月21日

閲覧数:620

お気に入り登録するにはログインしてください

木槿(むくげ)は、梅雨のころから咲き始め、夏の間中、大輪で華やかな花をたくさんつけるアオイ科の落葉低木です。ふつうは一重咲きですが、半八重や八重咲きの品種、乱れ咲きまであります。白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれます。
木は3mほどまで生長します。ハイビスカスを始めフヨウ属は耐寒性が弱いものが多い中、ムクゲは耐寒性が強く、非常に強健で刈り込みにも耐えることから道路脇の街路樹として利用されることもあります。冬は落葉して越冬します。
ムクゲと似たような花にフヨウがありますが、一番簡単な見分け方は葉っぱです。ムクゲの葉っぱは小さめで細めの葉をしていますが、フヨウの葉は掌を広げたような形で大きめです。
日本へは古く渡来し、平安時代初期にはすで植えられていたと考えられており、暖地では野生化しているようです。
「槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)」と言ったことわざがありますが、これはムクゲの花が1日でしぼんでしまうことを栄華のはかなさに掛けた言葉です。ただ、本物のムクゲの花は一日花で、朝に開花して夕方にはしぼんでしますが、次々に咲くので秋まで楽しむことができる開花期間の非常に長い花木です。

コメント(2件)

ポニーテール

ゆうちゃん コメントありがとう。10月9日、東京では最高気温が17℃と急に寒くなってきましたが、まだあちこちに槿が咲いています。今年もたくさん楽しませていただきました。

2023-10-09 09:08:32

ゆうちゃん

一輪一輪は儚くても、笑顔のような花が連鎖して次々に咲くんですね^^ ポニーテールさんの投稿は、素晴らしい絵手紙だけではなく言葉と知識も相まって勉強になります。

2023-10-09 01:42:07

コメントをどうぞ

ページトップ