絵手紙 交流ひろば てがみ倶楽部
あなたも絵手紙をアップしてみましょう。【無料会員登録はこちら】【サイトの使い方はこちら
花が美しく見えるのは、心の窓がきれいだからです

花が美しく見えるのは、心の窓がきれいだからです

投稿日:2023年7月23日

閲覧数:657

お気に入り登録するにはログインしてください

「蓮(ハス)の花は咲くときにポンっという音がする」という話を聞いたことはありませんか。花が開くときに音がするなんて、ロマンがあって素敵な話ですが、本当かな?
啄木の詩にも「静けき朝音たてて白き蓮花のさくきぬ」、正岡子規の句にも「朝風にぱくりぱくりと蓮開く」などと詠われ、それらの印象から、ハスの花が音を立てて咲くと信じている人が今でもあるようです。が、残念ながら開花時には音を立てません。このことは、ハスの研究で有名な植物学者・大賀一郎氏が著した「ハスと共に六十年」(1965年、アポロン社刊)に、「東京・上野の不忍池では1935年から毎年のように観蓮会が開かれました。参加者全員が耳を澄ましましたが、音は聞こえず、『報道陣に対してハスの開花の無音無声の衆議を発表したところが、誠に、実に、天下の大問題となり、国の内外が喧々囂々(けんけんごうごう)、投書が東西各新聞の社会欄をにぎわした』」とあります。
それでも、水面にポッカリと浮かぶハスを見ていると、いかにも花びらが音を立てて開いたように思えてきます。これが、ハスの持つ神秘性なのでしょう。

コメント(2件)

ポニーテール

ゆうちゃん コメントをありがとう。花がパッと開く様子を音がするといったのかもしれませんね。きっと、はすのが好きな人にだけ聞こえる音なのでしょうね。物理的に計測しようとしても、ロマンの音は計測できませんよね。

2023-10-09 09:01:36

ゆうちゃん

この絵手紙も蓮の花もそうですが、本当に音がしそうな立派な花ですよね^^ 啄木の句が見事で、見るものの耳にその音が伝わったのかもしれませんね。

2023-10-09 02:04:43

コメントをどうぞ

ページトップ